色々な食材からタンパク質を摂ろう

色々な食材からタンパク質を摂ろう

「色々な食材からタンパク質をバランスよく摂ろう」と聞いたことはないでしょうか?
今回はなぜいろいろな食材からタンパク質を摂らないといけないのかを紹介します。

目次

必須アミノ酸とは?

必須アミノ酸という言葉を聞いたことはありますか?まず、アミノ酸とはタンパク質を含むお肉などの食材が体内で消化分解されたものです。このアミノ酸が様々な結びつき方をすることで体内で様々なタンパク質に組み立てられて、筋肉や皮膚や爪、血液などになったりします。
必須アミノ酸とは人が体内で作れず食べ物から摂らなければいけない9種類のアミノ酸です。

アミノ酸スコア

食材のタンパク質の栄養価を示す指標にアミノ酸スコアというものがあります。アミノ酸スコアは食材に含まれる必須アミノ酸のうち最も低いアミノ酸の含有値を数値化したもので100点に近いほどタンパク質の質がいい食材だといえます。

  • 牛肉、鶏肉、豚肉などの肉類や魚
  • 牛乳やヨーグルトなどの乳製品
  • 全卵

がアミノ酸スコア100となっています。基本的には動物性の食べ物がアミノ酸スコアが高いです。一方で、アミノ酸スコアが低いのは小麦粉、白米などの穀類で植物性の食べ物です。

食べ合わせで必須アミノ酸をバランスよく

ごはんと味噌汁

「質のいいタンパク質を摂れるお肉や魚ばかり食べればいいの?」と思われるかもしれませんが、お肉や魚ばかり食べると、一緒に脂質を摂り過ぎてしまう恐れがあります。ここでは詳細は省きますが脂質もタンパク質同様に質が大切です。アミノ酸スコアが低い食材でも食べ合わせることで必須アミノ酸をバランスよく摂ることができるので、様々な食材からタンパク質を摂りたいです。
例えば、日本食ではおなじみの「米と味噌汁」の組み合わせは米と大豆それぞれの少ない必須アミノ酸を補い合うようになっています。

まとめ

運動をしていなくても、身体のなかでタンパク質は絶えず分解と合成を繰り返しています。そこで必須アミノ酸が必要になるので、様々な食材からタンパク質を摂らないといけないということですね。

参考:効率よく筋肉をつけるための山本式・アスリート栄養学 上巻 山本義徳 (著)
筋肉をつくる食事・栄養パーフェクト事典 岡田隆 (監修), 竹並恵里 (監修)

こちらの記事も参考までご覧ください↓

ANBEE GYMはフリーウェイト中心に効率よくトレーニングし、PNFストレッチで柔軟性向上や機能改善もできるパ―ソナルジムです。
通われている方はトレーニング初心者で運動を本格的にしたことがない方がほとんどですが、関節の動きが良くなったり体つきが変わるなどみなさん効果を実感しています。体験トレーニングの申込を受け付けているのでお気軽にご連絡ください。

7月残り2名様まで体験トレーニング無料!!
ストレッチ初回ワンコインキャンペーン中!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

青森市中央のパーソナルジムANBEE GYMの代表。
自身のパワーリフティング競技経験や現場で身につけたトレーニングやストレッチの知識・技術で、健康に動けるあんべいい身体をつくることに力を注いでいます。

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次