お酢でダイエット促進

お酢

身近な調味料としておなじみのお酢がダイエットの強い味方だということをご存知ですか?
今回はお酢がダイエット向きの調味料である理由と飲み方や選び方を紹介します。健康的に痩せたい方はぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

目次

お酢のダイエット効果

お腹が痩せた女性

脂肪燃焼&代謝アップ

お酢に含まれるアミノ酸が体内のさまざまな臓器に働きかけ脂肪燃焼をサポートし、内臓脂肪を減少させます。また、お酢の主成分の酢酸には代謝を高める効果があります。

ある実験では酢酸を摂取しなかった人に比べて摂取した人の方が体重、内臓脂肪、腹囲のサイズなどが低下したという結果が出ています。

脂肪を蓄えさせない

お酢には脂肪の蓄積防止効果が期待できます。
一度に糖質をたくさん食べた場合は血糖値が急上昇・急降下します。これを血糖値スパイクといいます。血糖値スパイクは脂肪の合成を促進します。
お酢はこの血糖値の上昇をゆるやかにする作用で血糖値スパイクを抑制してくれるので、脂肪蓄積防止効果を期待できます。
また、お酢の主成分である酢酸を摂ることで、AMPKという糖や脂質代謝を調整する物質が活性化されることからも脂肪蓄積防止効果を期待できます。

整腸作用

お酢には次のようにたくさんの整腸作用があります。

  • 腸内の善玉菌を増やす
  • 胃酸の分泌を促す
  • 腸の動きを活発にする

このようなことから便秘などのお腹の不調解消も期待できます

お酢の摂取方法

りんご酢

食事中または食後に摂る

お酢は唾液の分泌を促すので、食欲増進作用があることと、胃腸を刺激するので空腹時は避けて食事中か食後に摂るのをお勧めします。

薄めて摂る

胃腸への刺激が強いので、お酢を水やお湯で薄めたり、サラダにかけるなどして摂りましょう。1日15~30ml(大さじ1~2杯)が適量です。

醸造酢を選ぶ

お酢は醸造酢にしましょう。醸造酢には米酢、黒酢などの穀物酢とりんご酢、ぶどう酢などの果実酢があります。
調味酢やお酢ドリンクには様々な調味料や添加物が入っているのでダイエットという観点からはお勧めしません。お酢を購入する際は種類に気を付けてみてください。

まとめ

個人的には、お酢を飲み始めてみると意外と飲みやすくて続けやすかったです。青森県民らしくりんご酢をお勧めします。おいしくて飲みやすいですよ。

参考:J-STAGE.「日本栄養・食糧学会誌 酢酸の生理機能性」

ANBEE GYMはフリーウェイト中心に効率よくトレーニングし、PNFストレッチで柔軟性向上や機能改善もできるパ―ソナルジムです。
通われている方はトレーニング初心者で運動を本格的にしたことがない方がほとんどですが、関節の動きが良くなったり体つきが変わるなどみなさん効果を実感しています。体験トレーニングの申込を受け付けているのでお気軽にご連絡ください。

7月残り2名様まで体験トレーニング無料!!
ストレッチ初回ワンコインキャンペーン中!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

青森市中央のパーソナルジムANBEE GYMの代表。
自身のパワーリフティング競技経験や現場で身につけたトレーニングやストレッチの知識・技術で、健康に動けるあんべいい身体をつくることに力を注いでいます。

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次