トレーニングは足元から

トレーニングは足元から

「おしゃれは足元から」というのと同じように筋トレも履いているものでトレーニング効果が変わってきます。ジムに通おうとしてシューズを買い揃えようとしている方へ向けて、どういった観点で選べばいいのかを紹介します。

目次

ランニングシューズ

ランニングシューズ

ランニングシューズはクッション性が高いがゆえに踏ん張りが効きにくいのウェイトトレーニングには向いていません。基本的にウエイトトレーニングには力が伝わりやすい底が硬い靴の方が向いています。
ジムでランニングを頑張りたいという方でなければ避けた方がいいでしょう。

トレーニング専用シューズ

トレーニングシューズ

各メーカーからトレーニング専用のシューズが販売されています。マシンやウェイトを使ったトレーニングをする場合、シューズには大きな負荷がかかります。一般的なスニーカーやランニングシューズも耐久性はそれなりにありますが、トレーニングシューズはより丈夫に作られています。また、底が程よい硬さなので踏ん張りも効きます。ジムでは走って良し、重いものを持ち上げてよしとオールマイティに活躍してくれます。

フットサルシューズ

フットサルシューズ

フットサルシューズは底が硬く、通気性も確保されているのでウェイトトレーニングにおすすめです。スポーツ店で種類が多いので自分に合うものを見つけやすいのもいいですね。

たびぐつ

たびぐつ

ワークマンなどで安く購入できます。(1,000円未満のものも)底が硬くグリップ力が抜群です。
着脱がしやすく、軽くて持ち運びもしやすいです。パワーリフティングの大会でも使用されます。
ただ、紐で縛らない分フィット感がないので、ランニングや激しい動きを伴うトレーニングには向きません。

ベアフットシューズ

ベアフットシューズ

底が薄く裸足感覚で動けるというコンセプトのシューズです。底が薄く踏ん張りが効くのはもちろんのこと、グリップ力もフィット感もあります。素材が柔らかく軽いので持ち運びやすいのもいいです。

底が平らで薄いスニーカー

コンバース

VANSのスケートボードスニーカーやコンバースのように底が薄くて平らなスニーカーもお勧めです。ジムでも足元をおしゃれにキメたい方は参考にしてください。多くのトレーニーが愛用していて、たびぐつと同じくパワーリフティングの大会で使用する人もいます。それだけ力発揮がしやすいということですね。

まとめ

個人的にはうち履き必須のジムでは持ち運びがしやすいベアフットシューズ、外履きOKのジムであれば普段着との相性がいいコンバースを履いていくのがいいのかと思います。足元からこだわっていきましょう。

ANBEE GYMはフリーウェイト中心に効率よくトレーニングし、PNFストレッチで柔軟性向上や機能改善もできるパ―ソナルジムです。
通われている方はトレーニング初心者で運動を本格的にしたことがない方がほとんどですが、関節の動きが良くなったり体つきが変わるなどみなさん効果を実感しています。体験トレーニングの申込を受け付けているのでお気軽にご連絡ください。

7月残り2名様まで体験トレーニング無料!!
ストレッチ初回ワンコインキャンペーン中!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

青森市中央のパーソナルジムANBEE GYMの代表。
自身のパワーリフティング競技経験や現場で身につけたトレーニングやストレッチの知識・技術で、健康に動けるあんべいい身体をつくることに力を注いでいます。

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次